ベランダの小さなパラダイス

★★毎日記事更新中!★★寂しいベランダを緑豊かに!!

にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

【帰省記録】道北の旅!

はい、ポールです。

旭川は、昼は暑いものの、朝夜は20度を下回り、涼しくて過ごしやすいです。クーラーがなくても平気なんだと改めて思いました(笑)


さて、7月29.30日は旭川よりももっと北にある宗谷地方をドライブしてきました。


〜道北をめぐるのは5年ぶり〜


旭川から車で約4時間。オホーツク海を一望できる宗谷地方へやってきました!ホタテを買いに行くだけなら何回かありますが、ドライブも兼ねるのは大学以来となりました。


まず向かったのは、白鳥が飛来してくるクッチャロ湖がある浜頓別町

〜夏はキャンプ場・冬は白鳥飛来〜


かなーり風が強く、体感風速は10mは軽く超えていたと思います(笑)あまり人はいなかったけど、開放感もあってのんびりできたかな(≧∇≦)

〜さらに北に進み、セレブな村を発見〜

これぞ北海道!という道を走って約30分。



浜頓別町の隣町の猿払村に到着。


猿払村といえばホタテ。ホタテの収穫量は日本一を誇り、納税者の平均所得が日本全国で5位という、超セレブな村です。


写真にはおさめませんでしたが、小学校や役場は村だと思えないほど豪邸です。

羨ましいですね(`・∀・´)


そんな猿払村で昼ご飯を!


〜猿払村のホタテは絶品!〜

昼ご飯の場所は、道の駅さるふつというところでいただきました!


僕はカレーライスがかなりの大好物なので、ホタテカレーをいただきました。プラス1品にホタテの春巻きを。


大きなホタテが6個入っており、値段は800円。春巻きは400円とリーズナブルでした!!

〜ホタテに旬はない〜

ホタテはほとんどが養殖のため、通年出回ります。天然のホタテは非常に少なく、全体の0.3%程度です。そのために、ホタテに旬はないと言われています。

しかし産卵期である2〜3月はホタテの身が厚くなります。食べ応えを感じるのなら春先に食べる方がいいです(`・∀・´)

〜猿払村の名産物は、ホタテだけではない〜

ホタテを堪能し、甘いものが欲しいな〜と売店に向かうと。


なんとコケモモのソフトクリームを発見!


猿払村はコケモモも名産なので、そこはびっくりしました!甘酸っぱくてさっぱりします!!

〜さらに北へ向かい、最果ての北の地に〜

猿払村を出発し、30分ぐらいで稚内市宗谷岬に到着!


日本で1番北にある宗谷岬は、観光客がとても多く大わらわでした。

その時の気温は24度。これでもまだ暑い方です(笑)普段なら20度ぐらいです(笑)


そこには、裏スポットがあります!!

〜丘の上のラーメン屋さん〜


細〜い道路を登っていくと、超広い駐車場があります。かなり有名なラーメン屋さんだそうです(`・∀・´)


メニューはいろいろあり、いくら丼とかウニ丼とか…


でも、やっぱりホタテが好きなのでホタテラーメンを!(笑)

あっさり塩味のスープで、スルスルと麺が入っていきます。ホタテも肉厚で食べ応えがありました!


でも、カレーも食べてラーメンも食って…もう食べられません(笑)

〜Pokémon GOしながら稚内へ〜

宗谷岬はPokémon GOのスポットも多く、楽しむこともできます(笑)


宗谷岬からおよそ1時間で稚内市街へ。長旅の疲れを取るために、ゆっくり温泉に浸かりました。


天気も良く、願ってもないチャンスが訪れます。

〜最高の夕日を望むノシャップ岬〜

温泉から上がると、日没時間である19時6分に迫っていました。雲がほとんどなく、絶景が期待されるということで、ノシャップ岬へ。


いい天気ということもあり、観光客も多くいました!

ノシャップ岬で見られる夕日がこちら!

空が真っ赤に染められ、青と赤とのコントラストが絶妙。海も夕日の道がみられ、恋人と見るにはうってつけの場所です!


だんだんと日が落ちていき…


長かった道北の旅も終わりを告げます。最後に稚内市内の居酒屋で、稚内でとれたホヤ、タコ、つぶ貝などをいただきました。食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れてしまいました( ;∀;)

〜満天の星空の中で眠る〜

帰りは爆睡でした(笑)それだけ、楽しかったということです!!!

北海道は最高!!


以上、ポールでした!